こいのぼり

「ASA400.m4v」をダウンロード 5月5日の「こどもの日」家門には「こいのぼり」が見られます。大河ドラマ「功名が辻」の舞台となっている高知県の中央部太平洋に面した春野町、土佐市の海岸線を走って、こいのぼりを探してみました。徳島県西部険しい山間部を流れる「吉野川」は美しい渓谷を造っています。「大歩危小歩危渓谷」のドライブインでは川を渡して沢山の「こいのぼり」を泳がせています。新緑と川面の青とこいのぼりのコントラストが素晴らしく、川風がすがすがしく感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

禁煙は愛

「ASA330.m4v」をダウンロード 「禁煙は愛」 最高のキャッチフレーズです。「禁煙しましょう」じゃないんです。

最近禁煙、分煙が進み、タバコを吸う人は檻のような所で喫煙してます。「愛煙家も大変だなあ」と思っていたのですが、外国の人から見ると喫煙する人の多さ、マナーに「驚く」のだそうです。

約3000kmを88日間かけて禁煙を呼びかけようとするマーク ギブンズさんのHPを紹介します。是非お読みください。

http://www.walkabout-tobacco.org/

みんなで「禁煙は愛」と呼びかけましょう。

| | コメント (12) | トラックバック (8)

引田ひなまつり 2006

「ASA300.m4v」をダウンロード 引田ひなまつりの今年の「雛飾り」「雛行列」「宵雛」様子です。「宵雛」の2日夕刻には少し雨も降ったりしてやや不安定な天気でした。夜は冷え込んだにも関らず多くの見学者が来ていました。白熱球に照らされた雛飾りは独特の風情を見せます。見る人からため息が出ます。家人が出てきて雛人形の由来を説明してくれます。引田では宵雛の日、子供達が家々を回って雛アラレを貰ったそうです。今日も子供達の声が暗がりの中で聞こえます。そして古い雛飾りが多くあって、大切に扱われていた事がよく判ります。

引田ひなまつり

| | コメント (1) | トラックバック (0)

さぬき手打うどん 「中北」

「ASA290.m4v」をダウンロード 2006年9月18日手打うどん中北店主 中北 清蔵さん(なかきた・せいぞう)18日に亡くなられました。64歳。ご冥福を祈ります。

念願かなって「中北」さんのさぬきうどんを食べてきました。大満足です。

以前、「揚げたてのイワシのフライ」が食べれるうどん屋さんということで、連れて行かれた事はあるのですが、迷路の様な住宅地の細い道路を行った事しか覚えていなくて、是非もう一度行きたいと思っていたところ、今回思いがけずある知人から紹介していただきました。さらに中北のご主人には撮影にも快く承諾戴きこのポッドキャスティングをアップする事が出来ました。本当に有難うございました。

「中北」さんの讃岐うどんの味については絶品だと思います。大満足です。新鮮揚げたてのイワシのフライに「ポン酢醤油」を垂らして うどんと取り合わせで食べました。絶妙なバランスの取れた味に舌鼓を打ちました。

さて、実際に食べに行かれる方のために、最も判り易い行き方を映像でご紹介します。

一部の道路地図では「勅使交差点」の表記が無い物が有るようなので、地図を利用の方は、栗林公園から南に、国道11号線「上天神町交差点より西約2km」の国道11号線上交差点が「勅使交差点」です。

車用ナビゲーションを装備の方は、「勅使交差点」は位置データで

北緯34度18分20秒、東経134度01分15秒の交差点です。

後の道順はこの画像をみてハンティングしてみてください。なお、「はてなマップ」には中北さんの位置が明示されてました。

何も特典は有りませんが、良かったら当ポッドキャスティングを見て訪れた旨をご主人にお伝えください。

さぬき手打うどん「中北」

関連記事発見 讃岐うどん遍路ー四国新聞社ー

http://www.shikoku-np.co.jp/udon/shop/shop.aspx?id=19

今日のさぬきうどん~風に吹かれて~

http://plaza.rakuten.co.jp/siima/diary/200602280000/

日々是讃岐うどん

http://plaza.rakuten.co.jp/takashi0328/diaryall

| | コメント (2) | トラックバック (2)

瀬戸大橋を渡る

「ASA-250.m4v」をダウンロード 本州と四国を結ぶ本四連絡橋は現在3ルートあります。ご紹介するのは真ん中で最も早く供用開始した瀬戸中央道です。平成元年4月開通ですからはや17年になろうとしてます。時間の関係で約2倍速でごらんいただきます。また冬の曇り日で色彩も冴えませんでした。撮影は香川から岡山へ、つまり上り線です。

 撮影はバンタイプの助手席で三脚を立てて撮りました。橋梁の接合部では大きく揺れますが、手持ちよりは遥かにマシで、この撮影方法はよく行います。さらにカメラに水準器を付けると水平をより早く正確にとることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)