« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

龍馬さんと、鰹のたたき

「ASA620.m4v」をダウンロード昼に、「塩たたき定食」を注文したら 間違って「たたき定食」が来てしまいました。時間も無いし「まァいいか」と一口食べる。ぱりっとした側の食感と脂の乗った戻り鰹のなんとも言えない美味に舌鼓を打ちながら、あっという間に完食してしまいました。その後「ひろめ場」近くに来たので、今度こそ「塩たたき」を注文して、撮影も一緒にさせてもらいました。ポン酢につけて食べる塩たたきも またまた美味でした。本当に土佐は食べ物が美味い土地です。

「美味い、美味い」と食べてると同じテーブルの隣に座っている老人のカップル、二人でビールを飲みながら、どうやら じいちゃんが盛んにデートに誘っているよう。これも高知らしい情景です。とそのうち、おばあちゃんの声で「龍馬さんを見にいかんと・・・」と聞こえてきました。「龍馬さんを見る?・・・そうか!」という訳で、すぐ「ひろめ市場」を飛び出し桂浜に向かいました。

「龍馬に大接近」閉門5分前に着いたのですが、管理のお兄ちゃん、快く中に入れてくれました。龍馬さんは皇居の方向東に向いているので、朝だと龍馬さんの顔に陽が当り良く見えます。このポッドキャストを見て是非行こうと思った方は午前中に龍馬さんを見て昼に「鰹のたたき」を食べる順番で行程を組まれると良いかと思います。

02_1 さて、撮影も終えて、高知だけにしかない名物「アイスクリン」を食べながら、売り子のおばちゃんに「アイスクリン売り」の裏事情まで教わって、「秋の高知満喫」の一日でした。

龍馬に大接近:http://www.welcome-kochi.jp/event/ryoma/index.html

明神丸:http://www.g-gyao.jp/s/0003004222/top/

5分でわかる土佐辞典:http://www.pref.kochi.jp/~bunka/bunka/network/chirashi01.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょうさ・だんじり・みこし・太鼓台

「ASA610.m4v」をダウンロード 10月は秋祭りが各地で盛んです。香川県の西部地区「西讃」と愛媛県の東部地区「東予」では大型の太鼓台や山車の祭が順次催されています。呼び名も少しずつ異なり、香川では「ちょうさ」新居浜では「太鼓台」。大阪岸和田の「だんじり」と似た、西条の屋台(だんじり)。100_1 みこし(御輿)は太鼓台にも似ていますが、大きな車輪を持っています。全国でも珍しい(曳き山)太鼓台だそうです。大阪、兵庫、徳島など、特に瀬戸内海の海に面した所によく似た太鼓台や山車があるようですが、地方によって、少しずつ異なる特徴を持っているようです。今回は、そうした違いをご覧いただこうと思います。それぞれの祭の様子までは伝えられませんが、各祭サイトに動画もありますので是非そちらもご参照ください。

いずれも「豪華絢爛」「勇壮華麗」と称される祭です。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 には

太鼓台 新居浜太鼓祭り 西条祭り 琴弾八幡宮大祭 の項目があります。本文はこれらの項目を参照しています。

「ヴィオリラ・21世紀生まれの楽器」にも関連の映像が少しあります。VGAサイズに変更しました。iTunesにご登録いただくとモニターサイズいっぱいにVHS画質程度でご覧頂くことも可能になりました。(機種によっては対応できないものもございます。)

http://i-pod-navi.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_2a9b.html

新居浜太鼓祭り http://www.city.niihama.ehime.jp/unyu/kankou/taiko/index.htm

西条祭り http://www.city.saijo.ehime.jp/kankou/maturi2.htm

琴弾八幡宮大祭 http://www.chousa.net/top2.html

豊浜ちょうさ祭 http://www.chohsa.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェリーボートで音戸の瀬戸を渡る

「ASA600.m4v」をダウンロード 広島から松山行きのフェリーに乗ります。途中、呉港に寄っての2時間40分の船旅です。

海上自衛隊の大型輸送艦「しもきた」が入港中です。先日の「呉大断水」に活躍した同型艦、映画「日本沈没」にも登場です。大和ミュージアム隣接地に26日朝、運ばれた塗装も新しい潜水艦「あきしお」を観ることが出来ます。これは来年4月にオープンする「海上自衛隊呉資料館」(仮称)で一般に公開される予定だそうです。大和ミュージアムと並んで新しい名所が誕生します。Photo_1

呉を出て間もなく船は大きくスローダウン。「音戸の瀬戸」を渡る船を待ちます。100Mにも足りない海峡は潮の流れも速く、渡船や漁船などの小型船もあって通過中は乗客もやや緊張気味に見えます。ラセン式とループ式を組合せた「音戸大橋」は、春にツツジの名所として知られています。「音戸の瀬戸公園」からはこの時期、瀬戸の島々と見事な夕陽が見られます。

「音戸の瀬戸」を無事通過。この海域は斎灘(いつきなだ)と呼ばれ穏やかな瀬戸の海が拡がります。この近海は島が非常に多く点在していて、今月公開の映画「旅の贈り物 0:00発」のロケ地「大崎下島」も航路の東にあって島の住所は呉市になっています。愛媛県今治市から近い島です。

昼間、船に3時間近く乗ることはあまりありませんが、長いように思った時間も、バラエティーに富んだ風景と潮風の心地よさで以外に早く松山観光港に入港してしまいました。この航路お勧めです。

瀬戸内海汽船㈱ http://www.setonaikaikisen.co.jp/

石崎汽船 http://www.ishizakikisen.co.jp/

くれナビ http://www.kurenavi.jp/

映画「男たちの大和」セット ポッドキャスト 2006.1.23. 作品(320×240サイズ)

http://i-pod-navi.cocolog-nifty.com/blog/2006/01/yamato_cb9f.html

★ iTunes7より VGAサイズ(640×480)で再生します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »