« はねあげ橋 長浜大橋 | トップページ | ヴィオリラ・21世紀生まれの楽器 »

ホタル舞う 徳島県吉野川市美郷

「ASA450.m4v」をダウンロード 清流「川田川」は美郷地区を流れやがて吉野川に合流します。6月上旬、美郷地区の河田川には夕刻からホタルを観に多くの人が集まってきます。その中心にある「吉野川市美郷ほたる館」におじゃまして階下のホタル観察所で撮影しました。今年は少し気温が低いものの多くのホタルが観察されているようです。

夕刻、薄暗くなってくると何処からともなく黄緑色の発光体がユラユラであったり、スゥーと上がったり下がったりしだします。まさに「ホタル」総出演の「光のリサイタル」の幕開けに、見ている人達から大きな歓声とため息が聞こえてきます。やがて、対岸の竹薮の中で光り始め暗闇がせまるほど、光の数と明るさが増してきます。空中を舞うホタルも増え「光のリサイタル」はクライマックスを迎えます。

川が汚れていないので多くの生物、植物を観る事が出来ます。夕刻には「カジカ」カエルのコーラスも盛んでした。丁度、知り合いの「音声マン」に出会いましたが、「かじか」のコーラスが凄く良いのでひどく興奮して、録音していました。ホタルを見に行かれるなら、少し早く行ってホタル以外の動植物を観察すると面白いです。そこは日本でも数少ない「ホタル」が好きな「甘い水」のある自然環境ですから。

美郷ホタル館

http://www.tcu.or.jp/misato/hotaru/

全国ホタル観察地

http://kids.yahoo.co.jp/docs/event/insect2006/hotaru/spot/index.html

撮影は暗い場所でしたので、1秒間に4コマ(通常の撮影は30コマ)のコマ落ち撮影と感度を上げているので荒れてカクカクと見えますがご了承ください。なお、暗いので、ガンマを少しいじって、コンピューター画面に合わせています。

|

« はねあげ橋 長浜大橋 | トップページ | ヴィオリラ・21世紀生まれの楽器 »

「iPod」カテゴリの記事

コメント

蛍の乱舞よかったですよ。難しくないですか?暗い画像って??また見るので素敵な画像よろしくお願いします。

投稿: やっちゃん | 2006年6月11日 (日) 23時02分

Thanks! http://www.insurance-top.com/auto/ auto insurance. Insurance car: compare car insurance, auto insurance, insurance car. Also [url]http://www.insurance-top.com/car/[/url] and [link=http://www.insurance-top.com]insurance quote[/link] from site .

投稿: car insurance | 2006年6月14日 (水) 09時50分

やっちゃんさん、コメントありがとうございます。撮影したカメラ肉眼より明るく撮影できるのですが発光ダイオードが中空を舞っているようなものですから、アップで撮るのは非常に難しいです。来そうな距離にあらかじめ手動でピントをあわせておいてチャンスを気長に待つしかないですね。後日改めて川原に入り込んで撮影しましたがホタルは沢山居たのですが、全くの闇夜。さすがにあらかじめ「おきピン」する目標も暗くて使えず。大変でした。空がまだ明るさのある頃がベスト。ホタルが光り始める僅かな時間が綺麗な映像を撮るチャンスでした。また、覗きにきてくださいね。

投稿: ペガサス | 2006年7月 1日 (土) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/14557/2167372

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル舞う 徳島県吉野川市美郷:

» 東京にそだつホタル [東京にそだつホタル/Weblog版]
自然がない、汚い、そんな印象が先行する東京だけれど、あきらめる前にできることがあるはず。 出会いから33年、ホタルを研究しつづける作者によるホームページ「東京にそだつホタル」には、東京の里山に生きるホタルの姿が紹介されている。幻想的な光景を鑑賞したいという目的ばかり先走るのが、人間の悪い癖。まずは彼らの生態を知り、私たち自身が自然の輪の一員となることで、減りゆく自然に喘ぐさまざまな生物に気付くことができ... [続きを読む]

受信: 2006年6月13日 (火) 22時02分

« はねあげ橋 長浜大橋 | トップページ | ヴィオリラ・21世紀生まれの楽器 »